ステップ3(送迎車両の登録)へ<<   >>ステップ5(当日の送迎計画の調整)へ

step1送迎計画テンプレートの作成
  メインメニューで user_profile ボタンを押すと、送迎計画作成画面に切り替わります。
 

 

送迎計画作成画面は、5つのパーツから構成されています。

A:ツールバー(上端)

B:「曜日」切り替えタブ(中段)

C:「サービス利用者」ウィンドウ(左の枠)

D:「送迎車両」ウィンドウ(右の枠)

E:「送り」「迎え」切り替えタブ(下端)

※「サービス利用者」ウィンドウ(C)にはステップ1で登録した利用者のうち、「利用中」に設定した利用者で、かつ送迎のパターン(利用曜日と要迎え、要送りの別)が該当する利用者だけが表示されます。また、「送迎車両」ウィンドウ(D)にはステップ2で登録した送迎車両のうち、「利用中」に設定した車両が表示されます。

 

 

 

ツールバー(A)は以下のような構成になっています。

 

①ホーム:ホームメニュー(メインメニュー)に戻ります

②保存:作成した送迎計画を保存します

③地図:選択した送迎車両の送迎順に基づくルートを地図上に表示します ※送迎位置を直線で結んだ簡易ルートです

ヘルプ画面を表示します

 

 

曜日切り替えタブ(B)で曜日を選択し、送り迎え切り替えタブ(E)で「迎え/送り」を選択すると、該当する送迎者料利用者一覧がサービス利用者ウィンドウ(C)に表示されます。

  plunnning_screen3

 

 

サービス利用者の名前の横にある「▼」をクリックすると、住所や送迎条件を見ることができます。

 
plunnning04arrow01plunnning03

 

 

 

送迎計画は、サービス利用者の名前をマウスでつかみ、送迎車両ウィンドウ(D)の該当する「○巡目」枠内で放す(ドラッグ&ドロップ)ことで行います。

 

 

 

各利用者の名前をドラッグ&ドロップすることで、自由に出し入れや順番の入れ替えをすることができます。

 

左の例では、既に2人が登録されている場所で、2人の間に新たな利用者を追加しています。利用者を車両から除きたい場合には、該当する利用者をサービス利用者ウィンドウ(C)に戻します。

 

計画時には、各送迎者料ウィンドウの下部に書かれている数字(赤枠)に注意します。この数字は、その車両に搭載された座席の残数を表しています。

 

例えば右の画像は利用者が乗っていない状態での座席の残りの数、すなわち該当する送迎車両の全座席数を表しています。内訳は以下の通りです。

[普]普通席 (右の例では3席)

[車]車いす乗車スペース (右の例では2席)

[積]車いす積載スペース (右の例では0席)

[ス]ストレッチャー乗車スペース (右の例では0席)

 

 

車両に利用者を登録すると、利用者の乗車条件(普通席か車いすか等)に応じて残席数が減っていきます。

 

例えば右の画像では、普通席数3席に対して普通席を利用する利用者を3人登録したところで、普通席の残数が「0」になっています。すなわち、この送迎車の1巡目については、これ以上普通席利用者を乗せられない状態であることがわかります。

 

この状態でさらに利用者を乗せると、残席数がマイナスの値で赤く表示されます。

 

送迎計画作成時は、この残席数がマイナスにならないように調整しながら利用者の乗車順を配置していきます。

 

乗車順番を決める際に、ツールバーの「③地図」を利用すると便利です。地図ボタンを押すと下のようなウィンドウが現れます。

 

地図中のアイコンが施設の場所※になります。

※メイン画面で設定した施設の場所です

 

ウィンドウ右の各送迎車両の1〜4巡目の中から、地図で確認したい送迎のチェックボックスにチェックを入れると、当該車両の送迎順番に基づく簡易のルートが表示されます。

 

左の例では、キャラバン1号の1巡目にチェックを入れた結果、青いルートが引かれています。この表示を見ながら、送迎の順番や送迎する利用者を入れ替えることで、リアルタイムにルートが引き直されます。

 

一通りの送迎計画ができたら、ツールバーの保存ボタン(②)を押して計画を保存します。

 

 

 


ステップ3(利用者データの登録)へ<< >>ステップ5(当日の送迎計画の調整)へ